ナビ

書妖--徹底解析

2017-09-07 10:08

前日実装されたSR式神「書妖」、スキルがとっても面白いのでついテスト(特性検証)をしっちゃった~今から皆様にご紹介するよ!

まずはステータス:

初期ステータス:(Lv.1覚醒前)

攻撃力:B「114」HP:B「960」防御力:B「68」

素早さ:C「99」会心率:A「8%」

マックスステータス:(Lv.40覚醒済み)

攻撃力:A「2680」HP:A「11393」防御力:A「441」

素早さ:A「109」会心率:A「8%」

(私の書妖はまだLV40になってないので、ナビのデータを使ったが)

  

そしてスキル!!

1、「墨染」(攻撃)

鬼火:0点

書妖は筆で敵単体を攻撃し、目標に攻撃力100%に相当のダメージを与える。

lv2:スキルの追加ダメージ+5%

lv3:スキルの追加ダメージ+5%

lv4:スキルの追加ダメージ+5%

lv5:スキルの追加ダメージ+10%

2、「雲遊」(妖術)

鬼火:2点

書妖は味方1体に天書の加護を与える。目標が攻撃を受けた時、毎回最大でHP上限の15%のダメージしか受けない;この効果は書妖の次回行動時まで持続する。(覚醒追加:戦闘開始時に書妖自身は守護効果を獲得する)

lv2:守護効果を最大HPの12%にアップ

lv3:書妖は目標に天書の加護を与えると同時に、HPの割合が一番低い敵に呪いをかける。目標の受けたダメージを記録し、効果終了時に記録されたダメージの50%分のダメージを目標に与える。

lv4:守護効果を最大HPの9%にアップ

lv5:書妖は目標に天書の加護を与えると同時に、他のHP割合の最も低い味方にも加護を与える

3、「万象の書」(妖術)

鬼火:2点

書妖は敵単体に天書の呪いを与える。呪い効果は目標の受けたダメージを記録し、効果終了時に記録されたダメージの50%分のダメージを目標に与える。天書の呪い効果は書妖の次回行動開始時まで持続する。

lv2:呪いダメージ70%にアップ

lv3:書妖は敵に天書の呪いをかけると同時に、HPの割合が一番低い味方に加護を与える。目標が攻撃を受けた時、毎回最大でHP上限の15%のダメージしか受けない。

lv4:呪いダメージ90%にアップ

lv5:書妖は敵に天書の呪いを与えると同時に、他のHPの割合が一番低い敵にも呪いを与える

そして、検証の結果を~~

加護の特性:

1、「目標が攻撃を受けた時、毎回最大でHP上限の15%のダメージしか受けない」というのは、一回の攻撃がHP上限の15%のダメージしか受けない、つまり、妖刀姫のスキルでは六回の計算が入り、最大は15%*6になる。

2、書妖2体を出した場合、同じ味方に加護を与えると、後から掛けた加護しか効果がない。先に掛けた加護が完全に消失!

3、敵の書妖からの呪いダメージを加護で減少することは可能。

4、針女の追加ダメージを減少できる。(スキルマであれば9%、針女の10%より少ない、つまり最大HPの1%分のダメージを減少!)

呪いの特性:

一:記録の特性:

1、 記録するダメージは実際与えたダメージで、バリアで吸収された分は計算されない。

2、 相手がHPを回復しても、記録するダメージに影響がない。つまり回復したか否か、与えたダメージの分はキッチリ呪ってやる。

二:書妖2体を出した場合、同じ敵に呪いを与えると、後から掛けた呪いしか効果がない。しかも先に掛けた呪いが記録したダメージも反映しなくなる!

三:呪いダメージの特性:

1、 書妖の会心に乗らない。

2、 書妖の御魂効果が発動しない。

3、 一つ目小僧のパッシブスキルを誘発する。

4、 黒童子のパッシブスキルを誘発しない。

5、 犬神の印がある敵が呪いダメージを受けても、犬神は反撃しない。

6、 ソウや鏡姫の効果を誘発しない。

四:「効果終了時に記録されたダメージの50%分のダメージを目標に与える」というのは、神楽や妖琴師の再行動スキルにより発動できる。(つまり、書妖呪う、単体ダメージ、神楽疾風、書妖、といった連携が可能)

五:呪いは召喚物に掛けない。(藁人形の身代わりを通じて麒麟をやっちゃおうとすることが出来ない)

六:呪いを与えられた目標が途中で戦闘不能になると、呪いは消える。

七:呪いは抵抗されない、解除できない。

他に疑問がありそうな式神やスキル、御魂効果と混ぜた場合:

一:ライフリンク

1、加護がある式神が、ライフリンク状態でダメージを受ける場合、加護により減少されたダメージを分散される。(つまり、加護により1500のダメージしか受けない式神が、1500のダメージを受け、その1500が6人分に分散される。)

2、加護がある式神が、ライフリンク状態だが、ダメージを受けるのは他の味方の場合、ライフリンクにより分散されたダメージを加護で減少できない!(つまり、味方が30000のダメージを受け、6人に分散され、一人付き5000のダメージ、加護により1500しか受けない式神は、そのまま5000のダメージを受ける!)

3、呪いダメージは敵のライフリンクにより分散されない。

4、ライフリンクにより分散されたダメージは呪い記録に計算される。

二:鏡姫

1、鏡姫装着式神が加護を受け、攻撃されるとき、反射するダメージは減少される前の数字。

2、鏡姫による反射ダメージは、呪いの記録に計算される。

三:自我HP削る系

座敷童子、吸血姫などの自分で消耗したHPも呪いの記録に計算される。

検証は以上。

とても面白いスキルだね~攻撃補助もでき、味方を守ることもできるという運用の幅が広い。しかし使い手の能力が高く要求されている感じ。腕に自信がある方はひぜ、試してください~~