ナビ

花鳥風月の正しい使い道とは?

2017-08-25 10:48

今回皆様にご紹介するのはssr式神「花鳥風月」。

ssr式神の中で唯一のヒーラーとして、色々な戦闘で活躍しています。

スキルの紹介はスキップして、御魂は追加hp狰の4セットを装備するのがノーマルでしょう。

花鳥風月の特性は通常攻撃でも味方のhpを回復することができる。この特性を活用して、狰の4セットとの相性が非常に良い。

大事なのは、椒図と合わせてライフリンク状態を維持すること。鬼火を消費せずに、hpを回復することができます。

他にも、樹妖や蛤の精を装備する方もいます。

樹妖の4セット効果は花鳥風月の回復効果に対しても有効になりますので、回復できるhpを最大限まで上昇できます。

蛤の精を装備する原因は、戦闘中に先手を取らなっかた場合、相手のデバフ効果を防ぐ。現在の闘技は制御パーティが流行っているため、デバフに対しての対策は大切なことです。

「花鳥風月」のオススメパーティ

陰陽師/式神

安倍晴明:補助担当。スキル:霊符 · 生/言霊 · 星、言霊 · 守

花鳥風月:回復担当。  御魂:狰4セット

吸血姫/酒呑童子:火力担当。  御魂:猙4セット+攻撃力/会心率2セット。椒図のライフリンクと組み合わせることで何度も攻撃可能になる。

椒図:補助担当。  御魂:地蔵の像/玉樹4セット+素早さが高い御魂。ライフリンクでダメージを分散する上、他の式神の猙効果も発動できる。玉樹を装備した場合、敵の鬼火も制限できる。

雨女:補助担当。  御魂:地蔵の像4セット+追加HP2セット。味方のデバフを解除する。

一つ目小僧:補助担当。  御魂:鏡姫/薙魂4セット+追加HP2セット。敵のダメージを反射する。

注意点:        

椒図は必ず先手を取りたいです。素早さが早い方向に努力しましょう。

雨女は主に味方のデバフを解除する時rに使います。式神の効果抵抗に自信がある方は般若を変えでもいいと思います。

各戦闘中の評価:

御魂、覚醒、探索ダンジョン:C。通常ダンジョンの周回には向いてない、相性が悪い。

結界突破:B。普通の場合、結界突破の戦闘は素早さと制御効果に成敗を決めますので、花鳥風月は短い戦闘に向いてない。

闘技:A。反撃パーティを利用すれば、半端ない効果を出します。

異聞ダンジョン:A~S

狩り戦、陰界の門:S。花鳥風月が一番活躍できる場所です。戦闘が長いので、鬼火を消費せずにhpを回復できます。