ナビ

闘技編成、対策(W速度)

2017-06-26 11:00

闘技での編成例、対策のご紹介をします。

数多の式神編成があるこの陰陽師ではその相手によって式神を入れ替えることは大変重要になります。

編成例、動かし方からその相手に対しての対策を記載します。

*個人の感想や考え方、対策を記載します。これが絶対ではない為、一つの戦法として留めて頂けると幸いです。

A、W速度編成(火力2積み)

B、W速度編成(火力1、異常1)

!基本的に座敷は必須となります。理由、、、鬼火が足りない為です。火霊or招き猫の御魂を付ける事で動かす場所は変わります

A、B編成例(1→5の行動順とする。素早さ調整必須)

1、鎌鼬

2、山兎

3、A編成→火力A、B編成→異常

4、座敷(鬼火補給、御魂により素早さ調整)

5、火力B

*火力に入る枠としてよく見る式神???姑獲鳥、天狗、妖刀、茨城、荒川etc

*神楽を選択することで、スキル疾風を使用し火力枠に再行動を与えることで再度3回もの攻撃チャンスを与えます。清明の場合はダメージUP

流れ

1速度ゲージ上げ→2速度ゲージ上げ→3叩くor異常を振りまく→4鬼火補給→5叩く

!陰陽師で清明を選択した場合、札or星を張ることで攻撃力UP(札は効果抵抗で免疫される場合があります)

!陰陽師で神楽を選択した場合、疾風で再度火力に行動を与え3回もの攻撃チャンスを得る

メリット

相手を最短で1体or複数を無効かしつつ勝負を決めることが可能

耐久vs耐久のような長時間戦闘にならない(一瞬といって良いレベルで勝負が速い)

B編成の場合、そのままハメ倒すことが可能の場合あり。(相手が対策していない場合のみ)

デメリット

要求御魂のレベルが高い(相手と同じ編成の場合、初手の鎌鼬の素早さで負けると何もできない)

A編成の場合相手を倒しきる攻撃力が求められる(耐久編成が増えている為その耐久を削り切る御魂が必要)

反射に弱い(弱点、一つ目や鏡姫)

A編成は陰陽師で1番良く見る編成だと思います。昨今では耐久パーティが増えている為、徐々にこの編成は減りつつあります。

理由として闘技ではHPが2倍になる為、耐久をガン積みした式神を落とせない事例が増えているからです。

また、一つ目、鏡姫などの反射ダメージを食らい、HPを減らしてしまいそのままズルズル負けてしまう事が多い様に思えます。

この編成をする場合、素早さ、攻撃力に絶対の自信がある場合にお勧めいたします。

弱点

反射のある式神---一つ目小僧

鏡姫、庇う、スタンの御魂---止まってしまう事も嫌かもしれません

高耐久、復活持ち(童男、桃の精)---耐えられた後に回復、復活とめくられます

この編成に対してどう戦うか

天狗や姑獲鳥、範囲主体の編成の場合。。。

高耐久の一つ目小僧と桃の精を出してみましょう。

相手は範囲を打てなくなる、もしくはワンチャンにかけてスキルを放ってくると思われます。

それを耐え、回復してしまえば、そのまま勝ちが転がってきます

妖刀や荒川相手の場合には一つ目の庇うで運ゲーになる場合もあります

荒川に関しては現在、闘技火力枠の式神で最強であるように思えます。ライフリンクを切りつつ単体高火力を叩きだします。

よって、庇うでの運ゲーをしつつ異常を使い相手の行動を止めてしまいましょう。

動かれると負けます。(荒川対策は輝夜姫や青等の鬼火泥棒編成で鬼火を亡くしてしまい何もさせないのが強いかもしれません)

妖刀は単体手数の最多式神となります。1体は落とされる覚悟で臨みます。

しかし、ライフリンクには大変弱く、リンクを張られた上からスキルを打った所でダメージは見込めません。

倒された後にリンクを張り、桃の精等の復活や清明バリアをうまく利用し、巻き返しを図りましょう。リンクさえ張れば怖くありません。

しょうずを耐えさせたい場合は地蔵もオススメになりますが効果抵抗を上げるしょうずもオススメします。