ナビ

御魂の選別方法

2017-03-14 17:05

▼選別の話の前に

御魂は御魂で強化する為、陰陽師では不要な御魂、必要な御魂を選別し、

必要な御魂に、不要な御魂を素材として使う必要があります。

最近よく耳にするのが、この必要、不要の選別方法が分からないとの事です。

この必要な御魂と不要な御魂は「あなたの目指すPT」で変わってきますので100%の回答はありません。

ですので、下記の選別方法はあくまで目安として考えて下さい。

※目安とはなりますが大体この考え方であっている筈です。

▼最も気にするべきステータスは?

ターン制のゲームは基本的に先制した方が圧倒的に有利です。このゲームの行動順は素早さで全て決まります。

その為、「素早さ」は最も重要視するべきポイントと言えるでしょう。

まずは自分の手持ちの御魂を確認し、素早さが付いている御魂は全てロックを掛けましょう!

↓素早さが付いた御魂は貴重。とりあえずロックしよう!

▼御魂のおさらいと選別の説明

御魂は左上、左下、右は基本ステータスは固定です。

左、右上、右下は基本ステータスが複数に分かれます。

↓今回ご紹介する主な選別方法は下の赤枠内の「左、右上、右下」の御霊となります。

御魂のステータスについて理解していない方はこの選別方法を見る前に

[御魂の詳細]をご確認下さい。

▼御魂を攻撃型、防御型、支援型でまずは区別しよう!

選別の前にこちらを覚えてください。御魂にはSET効果があります。

このSET効果にて御魂を攻撃型、防御型、支援型と分ける事が御魂の選別にて非常に重要です。

下記の通り3種類に分けて考えます。

攻撃型(2セット目の効果が攻撃型)

・攻撃  +15%

・会心  +15%

・効果命中+15%

防御型(2セット目の効果が防御型)

・HP  +15%

・防御  +30%

・効果抵抗+15%

支援型(4セット目の効果が支援型)

・4セット目の効果に状態異常系があるもの

→(スタン・バリア・鬼火増加など)

▼御魂選別の考え方

ほぼ攻撃をしないサポート系の式神にあなたが付けたいSET効果とオプションステータスは何ですか?

少なくとも上記で説明した攻撃系の御魂は付けませんよね? ※例外はありますが(桃の精など)

少し下記に例を出してみましょう。

・サポート系の式神に付けたい御魂。あなたならどっち?

どう考えても右の御魂を付ける人の方が多いでしょう!

上でも説明しましたとおり、サポート系の式神は攻撃をほぼしません。

その為、防御型の御魂に攻撃オプションが付いている際は、どうしても御魂が無いと言う人以外は不要です。

では支援型の御魂は・・・?まず支援型の御魂は2セット目の効果は無視してください。

そして支援型にもいろいろありますので下記を目安としてください。

・状態異常(スタン・昏睡など)を付ける御霊は攻撃型

・バフ(バリア・鬼火増加など)を掛ける御魂は防御型

▼まとめ

必要な御魂は同系統のオプションが付いたもの

→攻撃型には攻撃系のオプションが付いているもの

→防御型には防御系のオプションが付いているもの

少なくとも同系統のオプションが付いた御魂は必要な御魂となるのは間違いありません!

不要な御魂に関しては、例外などもあるので絶対という事はないですが、上記を考慮しつつ自分なりに不要なものを選別してください!

▼おまけ

御魂を保存する数に制限は無いので上記を考慮し、必要な御魂にはどんどんロックを掛けていこう!

ちなみに左上、左下、右の御魂の選別に正解は無いので、

上記なんかを考慮しつつ自分なりに考えてみてください!